世界の料理のマナーについてご紹介。

世界の料理マナー

パーティーマナーQ&A

■上司や取引先と同席する場合

上司や取引先と同席する場合には、「どの席が上席か」ということに気を付けるましょう。基本的には、レストランの出入り口から1番遠い席が上席となります。それ以外にも、「自分から見て右側」「窓側」「和室では床の間を背負う席」のような席が上席になりますので、状況に応じて臨機応変に判断しましょう。

■自分が左利きの場合

左利きの方はナイフ・フォークの持ち方が、左右逆になってしまいます。もし左利きの場合には、通常のセッティングだと不便なので、ウェイターに言ってセットを変えてもらっても大丈夫です。もちろん、左利きの方はナイフ・フォークを、左右逆に使って料理を食べても問題ありません。ただし食事を食べ終えたら、右利きの方と同じく左から、「フォーク→ナイフ」の順番に揃えて置くのを忘れないようにしましょう。もし予めレストランやホテルを予約するのなら、メンバーの中に左利きの人間がいる事を伝えておくと、店側もスムーズに準備をすることができます。

■げっぷやくしゃみが出た場合

げっぷやくしゃみが出るのは不可抗力なので、ある程度は仕方のない行為です。ですからゲップやくしゃみをした場合には、その事後処理が大切になってきます。げっぷをした場合には同席している方に、「すいませんでした」と素直に謝るのがマナーとなり、またくしゃみが出そうになったらナプキンを口に当てるのがマナーとなります。いずれの自然現象も、その音を最小限に抑えるよう気を付けると良いですね。

■高級レストランに小さい子供を連れて行く場合

高級なレストランに小さな子供を連れて行くのは、残念ながらあまり好ましいことではないのです。そのようなお店は、雰囲気づくりも含めてサービスと考えているため、どんなに静かな子供でも、連れて行かない方がいいでしょう。

■口紅や香水の加減

高級フランス料理店に行く時などには、ついつい気合が入って口紅や香水を強くしてしまいます。しかし口紅をキツメに塗るとグラスに付着し、飲み物の味を変えてしまうことがあるのです。またグラスに口紅の跡があると、見た目にもあまり良くないと言えます。香水については、においのキツイ香水は、周りのお客様に迷惑をかけるので控えた方が無難です。口紅や香水は、あくまでうっすらと纏う(まとう)のがパーティーマナーと言えます。

■ウェイターを呼ぶ場合

ウェイターを呼びたい時は、無言のまま手を肩の高さほどに挙げて合図を送ります。くれぐれも「すいませーん!」などと、声を出すのはマナーに反するのでやめましょう。また、いくら自分が「お客様」だからといっても、ウェイターに対して必要以上に高圧的な態度を取るのもいけません。

渋谷でおいしいジャマイカ料理が自慢のお店です。

■会計する場合

お店によっては「テーブル会計」なのか「レジ会計」なのか、判断しにくい場合が多々あります。このような場合には、「会計をお願いします」とウェイターに言うのが一番ベストな方法です。テーブル会計ならレシートを席まで持って来てくれますし、レジ会計なら「レジで伺います」という返事が返ってくるので、確認後精算しましょう。

■パーティーマナーの心得

マナーを心掛ける際は、「どうしたら同席者や周りの方に、迷惑をかけずに食事を食べる事ができるのか?」を追求したいものですね。言い換えればそのようなマナーの数々を、合理的に体系付けたものがマナーだといえますので、相手の事を思いやる気持ちと、それを実践するテクニックを身に付けることが、パーティーを楽しむための心得と言えるでしょう。

Favorite

Pマーク(プライバシーマーク)取得でおすすめのコンサル会社|費用掲載

2018/3/2 更新

Copyright (c)2008 世界の料理マナー All rights reserved.